JSPICC - 日本小児集中治療研究会

小児のエコー講習会16-01

小児のPoint of Care Ultrasound(POCU)
エコーでABCDを評価しよう!
チラシ 地図

盛況のうちに終了しました。

概略:

日本小児集中治療研究会は、2002年より世界標準の小児の救命処置法であるAHA-PALS(米国心臓協会の小児二次救命処置法)の普及を中心に活動してきた。当研究会では10年以上にわたってPALSの普及に努めてきたが、実際に身体所見だけで評価、分類(判定)を行うには限界があり、緊急時に細かい検査に踏み込むには時間がかかり過ぎる。近年身体所見の延長線上に超音波検査を位置づけ、このような評価・分類(判定)に役立てようというPOINT OF CARE ULTRASOUND(POCU)の概念が急速に成人救急、集中治療を中心に発達してきている。残念ながら小児領域の認知度は低いのが現状である。
POCUは正にこのジレンマを解消し、現在のPALSの体系を補完するものと期待される。そこで当研究会で小児のPOCUの普及のために定期的に講習会を開催することとした。米国救急医学会が小児救急医用のPOCUプログラムガイドラインを公表しているのでそれに則った講習会とする予定である。

(ACADEMIC EMERGENCY MEDICINE 2013; 20:300–306)

会期:2016年7月1日(金)

会場:仙台国際センター展示棟 会議室2(第30回日本小児救急医学会学術集会会場)

スケジュール:

午前:9~11時

 講義(正常&異常を示す):2時間(各20分)
  1)PALSを補完する:RUSH
  2)心エコー
  3)肺エコー
  4)腹部エコー
  5)ライン確保への応用

午後:14~17時

 実技(4ステーションに分かれる):3時間(各40分)
  1)胸部:心&肺
  2)腹部:ファントム使用
  3)ライン確保:シミュレーター使用
  4)RUSH

募集要項:

午前の講義はどなたでも参加可能ですが、午後は16名までの参加となります。
★対象者は第30回学術集会参加者とし、参加費は無料となります。
お早めに申込書から参加登録をお願いします。

主催:NPO法人日本小児集中治療研究会(JSPICC)
講師:阿部世紀 長野こども病院麻酔科
   市橋 光 自治医大埼玉医療センター小児科
   浮山越史 杏林大学小児外科
   櫻井淑男 埼玉医科大学総合医療センター小児救命救急センター
   森 崇晃:都立小児総合医療センター救急科

【NPO法人 日本小児集中治療研究会】
〒164-0001 東京都中野区中野4-11-1-103
TEL/FAX : 03-3385-7539  E-mail : jspicc@jspicc.jp
ページトップへ
Copyright © Japanese Society of Pediatric Intensive and Critical Care. All Rights Reserved.